TEDから学ぶ、やる気デザイン・メソッド。秘密は「何のため」

PC & Apple お仕事 哲学 学習・自己啓発

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEDのまとめから辿り着いた一本のビデオから学んだ事について書きます。

このスピーカーさんは、
Appleの哲学
ライト兄弟の人類初飛行

キング牧師のスピーチ
などの例を用いて、

人は何によって動かされるか?
また、何によってモチベートされることが、成功への近道か?
ゴールデンサークルという、非常に簡単な図で説明してくれます。

それがこちら。

この場合の成功は、経済的や社会的な成功より、もっと根本的なもの。

世の中の仕組みを変えてしまう発明や思想を指しているところが、
単なるライフハックの域を超えています。

しかし、そこまでたどり着けなくても、この考え方は非常に魅力的で、
たとえば、社会やシステム、今の立場や環境に不満があったとしても、
もっと奥にある、何のため?という事を意識続ける事で、
全く違った景色が見えてくる。

目線を高くすることで、目先に事にとらわれ過ぎず、
人生を楽しめる様になる、

題して「やる気デザイン・メソッド」と
呼びたいと思います。

常に啓発的な内容を発信にているTEDですが、この一本をぜひ、見てみてください。

繰り返しますが、経済的な成功は、何のため?には該当せず、あくまで副次的な結果であると言っています。
なので、お金を稼ぐ事が最終目的にはならないというところもポイントかと思います。

かのスティーブジョブスの言葉にも、

墓場で一番の金持ちになることに何の意味がある。
毎晩寝る前に「今日は素晴らしいことをした」と思えること、それにこそ価値がある。

私は23歳で1億円、24歳で10億円、25歳で100億円の資産を稼いだが、
別段気に留めたことはない。金のためにやっているのではない。

というのがあるそうです。(ウィキペディアより)
(そのぐらい言い切れるぐらい稼いでみたいですが・・・)

今の自分の立場からのまとめ

What.ランニングをしている(=何をするか?)
How.身体と心をコンディショニングする(=どうやって?)
Why.良い仕事をするため(=何のために?)

What.より良いデザインの仕事をする(=何をするか?)
How.クライアントの利益を追求すること(=どうやって?)
Why.クライアントと共に成長をすることで、社会に貢献したい(=何のために?)

What.デザインを通じて社会と繋がる、生計を立てる(=何をするか?)
How.最高の仕事を追求し続ける(=どうやって?)
Why.自分のもっているもの、得た物を世の中に還元すること(=何のために?)

What.世界に影響を与えたい。が、すぐに大きな事が出来るわけではない。(=何をするか?)
How.自分の内面から少しづつ変えることは誰にでも出来る(=どうやって?)
Why.世の中を変えたい、世界を支える一人の人間として(=何のために?)

それぞれ、ひとつひとつの答え(Why=何のために?)が、
さらに大きな答えの出発点となり、
また、出発点も、何かの答えを内包しているという・・・・

内包されたゴールデンサークル

やる気デザインメソッドの完成

つまり、
毎朝ランニングすることを大きく捉えると、
世界を支える一人の人間として、
世の中を変えることに貢献してるという、
動議付けが出来るのです。

ちょっと哲学的になりすぎた感もありますが、
先の最新テクノロジーとイノーベーティブな製品を発表しつづけるApple、
またハイテクの塊で力学・工学の申し子である航空機の発明家、という
精神論とは対局にあると思われる事例が、

まさしく、哲学的な立場からスタートしているいう事実を、
軽く受け取る事は出来ないと思います。

そう思ったら、この動画を想い出しました。

地表から太陽系、銀河系、宇宙の果てまでリアルな計算に基づく、CGムービーだそうです。

これをみると、ジョブズの言った、
「We’re here to put a dent in the universe.=我々はここから宇宙を凹ます」
というのも、内包された何のため?を繰り返した結果たどり着ける境地なのかもしれません。

そう考えると、ワクワクしますね。

TAGS: |

« »

デザイン解放宣言シンボルマーク

Copyright © Design Kaiho Sensen, All rights reserved.