新ツール「intuos4:タブレット」

PC & Apple ガジェット デザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいお仕事が入りました。
ファッション関係の通販サイト、大量の画像処理を短期間に。

作業の効率化を考え、思い切って、intuos4:タブレットを導入。

タブレットといえば、ワコム製しか考えられないというくらいほぼ独占市場。
「タブレット界のアドビ」といえば、分かりやす・・・くないか?

サイズは、Midium。Smallとどちらにするか?少々悩みましたが、

1.価格がそんなに変わらないこと。
2.画像処理だけでなく、いわゆる「絵」を描く作業もしたかったこと。
3.以前にSmallサイズを使っていて若干もの足りなかったこと。

などを鑑み、Midiumを選びました。

使用感は、さすがに評価の高い製品だけあります。
非常に使いやすい。

サイズもまぁ良かったと思いますが、全体のサイズがやや大きく、
キーボードと併用すると、ポジションが重なってしまいます。

ペンを走らせるエリアの左に(右利きの場合)ボタン関係が来るのですが、そこが邪魔です。
私は、作業中ほとんどボタン類は使わないので、なおさらそう感じました。

というか、ボタンの効果的な使い方が分かっていないだけかも。

見た目は写真の通り、シンプルでかっこいいです。
パッケージは、ややアップル製品を意識したような、開封の儀式が味わえますよ!

早速、6時間程、一気に作業しましたが、もう手放せません。

今後アウトプットされるデザインのテイストにさえ、影響は確実に出ると思います。

追記:以前から愛用している「究極のマウスパット(ホントにそういう名前で売ってます)」を半分に切って載せたところ、非常に快適!
本体を直接ペンでなぞると、やや抵抗感があります。
また、ペン先の消耗が激しいという感想が、ネット上には多くみれらたのですが、これならほとんど減りません。

お勧めです。

 

TAGS: |

« »

デザイン解放宣言シンボルマーク

Copyright © Design Kaiho Sensen, All rights reserved.